教育の羅針盤

解決策が見える教育メディア

教育環境

日本語教育の「被害者」を生まないために必要なこと

日本語学校で似た状況が起こったとき、例えば日本語教師が集まって議論するとなると、我々には「現場のあるある」以外では共通のものが見当たらず議論が出来ない、というようなことがしょっちゅう起こるのです。